『GoToトラベル』再開までのつなぎ支援『地域観光事業支援』観光庁発表!

観光庁は2021年3月26日に地域観光事業支援の実施を発表しました。

地域観光事業支援とは、感染状況が落ち着いているステージ2相当以下とする都道府県が行う県内旅行の割引事業を国が財政的に支援するもののようです。

『地域観光事業支援』とは

具体的には、GoToトラベル事業が再開するまでの間、ステージ2相当以下とする都道府県が、同一県内での旅行への割引支援を実施することを決定し、国による支援を希望する場合には、一人一泊当たり5,000円を上限として、国から当該都道府県に補助金を交付します。

 また、旅行への割引支援と併せてクーポン等で土産物屋、飲食店、公共交通機関などの地域の幅広い産業に裨益する支援を実施する場合、一人一泊当たり2,000円を上限に追加して補助金を交付することといたします。

 4月1日(木)以降、準備が整った都道府県から順次開始し、当面5月末まで実施することを基本とし、予算規模は総額で約3,000億円を予定しています。

観光庁”地域観光事業支援の実施について”より抜粋

観光庁/地域観光事業支援についてより抜粋

観光庁は都道府県に補助金を交付し、都道府県が主体となって宿泊旅行・日帰り旅行の観光支援を行うことになります。具体的な支援内容については都道府県によって異なります。

実施期間は?

2021年4月1日から5月31日(6月1日チェックアウト)までが実施期間となります。

※4月1日以降準備ができた都道府県より順次開始

噂されていた除外日は設定されていません。

支援内容は?

宿泊旅行は1人泊あたり5,000円・旅行代金の50%を上限に支援、日帰り旅行は1人あたり5,000円・旅行代金の50%を上限に支援するとなっています。また、地域限定で旅行期間中に使用可能なクーポン券などの支援策を併せて実施する場合は、宿泊旅行は1人泊あたり2,000円、日帰り旅行は1人あたり2,000円を追加支援するとなっています。

例えば、旅行中に使えるクーポン券3,000円分がついた温泉旅館宿泊パック15,000円であれば、5,000円+2,000円=7,000円が支援されお客様支払額は8,000円となりそうです。

しかし、支援内容など制度設計はすべて都道府県が行うことになっているので具体的な支援内容は未定です。

申し込み方法は?

旅行代理店が販売する『地域観光事業支援』対象旅行商品や、宿泊施設が直販する宿泊プランで申し込みできると思われます。

都道府県が主体となるためお近くの旅行代理店に相談されることをお勧めします。

早期予約が必要?

予算規模約3,000億円は、1人泊の支援が7,000円ですので、おおよそ4,285万人泊に相当する計算になります。

同一県内の旅行で期間も2ヶ月と限定的な支援内容ですの、早期に予約しないと支援を受けられないということにはならないのではないでしょうか。

『地域観光事業支援』の疑問にお答えします

いつでもお気軽にお問い合わせください。050-7128-7659受付時間 9:00-17:00
(土日祭日もOKです)

お問い合わせ メール・LINEでの問い合わせも可能です。

プライベートツアーでアンコール遺跡を巡る

アンコール遺跡を気兼ねなく自由に観光するには、チャーターされたトゥクトゥクなどで公認日本語ガイドが同行するプライベートツアーがオススメです。
宿泊ホテルのコンシェルジュにツアーを手配依頼することは可能ですが、打ち合わせの時間で貴重な時間を費やすことになります。またコンシェルジュが日本語を話せないとまた大変です。
そらまめトラベルはこのような不安を取り除けるようにプライベートツアーを出発前に手配します。ツアー料金もリーズナブルに設定しています。