レリーフ好きは見逃せないプラサット・クラヴァン

アンコール遺跡には多彩なレリーフがあり、観光の目玉の1つとなっています。そのレリーフの美しさと緻密さに感動を覚える人は少なくないと思います。
このプラサット・クラヴァンにあるヴィシュヌ像とラクシュミー像のレリーフも是非見て欲しいです。

所要時間:20分程度

スケジュールにはないけど、時間に余裕がありそうなのでちょっと寄りたい・・・そんなこともプライベートツアーだと可能ですよ。

現地スタッフ撮影
現地スタッフ撮影

プラサット・クラヴァン(Prasat Kravan、クメール語: ប្រាសាទក្រវាន់)は、カンボジアのアンコール遺跡にある、共通する基壇上の5基の赤みがかった煉瓦の塔より構成される10世紀の小寺院であり、スラ・スランと呼ばれる人工の池すなわちバライの南に位置する。その元来のサンスクリット名は不明だが、クメール語による現在の名称である「プラサット・クラヴァン」は、「”Artabotrys odoratissimus” (モクレン目バンレイシ科に属する花)の寺院」を意味する。寺院は、扉口の枠にある碑文によると、西暦921年にヴィシュヌ神に捧げられたものである。

Wikipediaより引用

8本の腕を持つヴィシュヌ像

現地スタッフ撮影

ヴィシュヌの妻 ラクシュミー像

現地スタッフ撮影

特典付きで予約できます  Bodia Spa

Bodia Spa4
アンコール遺跡観光の移動はトゥクトゥクなどを利用しますが、遺跡内は想像以上に広くかなりの距離を歩くことになります。
歩き疲れた身体のリフレッシュにはマッサージやアロマテラピーがお勧めです。
帰国前に利用すれば帰国後の疲れもきっと軽くなるでしょう。
落ち着いた雰囲気のBodia Spa(ボディア・スパ)をそらまめトラベル独自の特典をつけて予約可能です。