アンコールワットやタプローム・ベンメリアなどのアンコール遺跡への観光にはアンコールパス ( Angkor Pass ) と呼ばれる入場チケットが必要です。

アンコールパスは1枚のカードとなっており(大きさは大きさは横9.8cm縦7.5cm)、この1枚でアンコールワットをはじめ周辺の遺跡全て(プノンクーレン除く)に入場可能です。(アンコールワットのみを観光する個別チケットはありません。)

アンコールパス・チケット料金

アンコールパスのチケット料金と有効・利用期間です。

1 Day (1日券)$37購入日のみ有効購入日のみ利用可能
3 Days (3日券)$62購入日から10日間有効有効期間内の任意の3日間利用可能
7 Days (7日券)$72購入日から1カ月間有効有効期間内の任意の7日間利用可能

1日券は16時45分以降購入時に限り翌日まで有効です。

Angkor Enterpriseより引用

アンコールパス・支払い方法

現金での支払いはもちろん、クレジットカードも使えます。JCBが使えるのが嬉しい。

Angkor Enterpriseより引用

アンコールパス・購入場所/営業時間

アンコールパスの購入場所は、シェムリアップ市内から少し離れた場所にあるAngkor Enterpriseのチケットオフィスのみです。
営業時間は、5:00から17:30となっています。

どのツアーでも遺跡を訪れる前にチケットオフィスに立ち寄ります。
事前購入は不要ですし、購入にはガイドがお手伝いします。
購入時に顔写真を撮影され、アンコールパスに印刷されます。

Angkor Enterpriseより引用

アンコールパス・チケット規則

入場券の規則(Enterance Tickets Regulations)をAngkor Enterpriseで見ることができます。

英語でのドキュメントなので、要旨を日本語にしてみました。

  1. アンコール 遺跡は入場券が必要 1日券 37ドル3日券 62ドル(購入から10日間有効)7日券 72ドル(購入から1カ月間有効)
  2. チケットセンターの営業時間は毎日5時から17時30分 1日券は16時45分以降に購入すると次の日まで有効
  3. 観光時間 アンコール ワットとスラスランは5時から17時30分 プノンバケンとプレループは5時から19時 そのほかは7時30分から17時30分
  4. このチケットですべての遺跡に入場可能(ただしプノンクーレンは除く)
  5. 入場券はチケットセンターでのみ購入可能 それ以外で購入したものは無効
  6. 入場券の譲渡や返金は不可 紛失時は再度購入
  7. 不正入場には罰金
  8. 観光中は入場券を常時携帯
  9. 12歳以下の子供は入場券の購入不要 ただし、パスポートの提示を求められる
  10. 入場券のチェックポイントでは必ず立ち寄ること

チケット料金や注意事項は公式サイトから確認することができます。利用規則を知っていればトラブルに巻き込まれる事も少なくなると思います。こちらもぜひご覧ください。

アンコールパス・Tips

アンコールパスは、アンコール遺跡エリア内のチェックポイントや各遺跡入り口などで係員が確認しますので、ネックストラップに透明のケースをつけ、それに入れておくと便利です。紛失防止にもなります。
(アンコールパスの大きさは横9.8cm縦7.5cmです。)

いつでもお気軽にお問い合わせください。050-7128-7659受付時間 9:00-17:00
(土日祝日もOKです)

お問い合わせ メール・LINEでの問い合わせも可能です。