新型コロナウイルスの影響で発給が停止されていたカンボジアのアライバルビザですが、
2022年3月17日より発給が再開されました。

カンボジア入国にはビザが必要です

日本人のパスポートは非常に優秀で、観光目的の場合多くの国ではビザを必要とせずノービザで入国することができます。
カンボジアは観光目的の入国でもビザを必要とする数少ない国の一つなのです。

では、その観光目的のビザ(観光ビザ)はどこで取ることができるのでしょうか?

  • 日本のカンボジア王国大使館または名誉領事館(事前取得)
  • カンボジアの国際空港(到着時取得:アライバルビザ)


「事前に日本でビザを取るのは面倒くさい、だけどアライバルビザだとちょっと不安」と感じますか?

アライバルビザとは : その国に到着してから取得するビザ

アンコールワットを観光で訪れるのであれば、ほとんどの場合シェムリアップ空港からの入国になると思います。
そのシェムリアップ空港での入国時に必要なビザは、アライバルビザで心配無用です。

航空機内で配られる申請用紙に機内で記入すれば、その申請用紙と写真(35mm×45mm)それと料金$30の現金があれば簡単にアライバルビザが取得できます。(2019年10月現在申請用紙と写真は不要であることを現地で確認したため修正)

パッケージツアーだと旅行会社から事前にビザを取得するように案内されることが多いようです。
グループ行動のパッケージツアーではスムーズに入国する必要があるため、当然かもしれません。

しかし、日本でビザを取得する場合、その登録料金はアライバルビザと比較して若干高いです。
その上に、交通費用または郵送費用も必要で、手間もかかります。

在日本国カンボジア王国観光省のWebサイトにまとまった情報として確認できます。
(このWebサイトは現在アクセスできないようです)

参照元:在日本カンボジア王国観光省サイト

取得方法別の料金比較表

アライバルビザ$30空港での申請
カンボジア王国大使館¥3900窓口 または 郵送
名誉領事館¥4300窓口のみ

観光ビザの有効期間は1ヶ月です。1度限り期間を1ヶ月延長することができます。

カンボジア王国大使館と名誉領事館でのビザの申請に必要なものは、パスポートの他に写真と申請書です。

アライバルビザは空港での申請なので英語が・・・ここが一番の不安だと思いますが、正しく記入した申請書と写真(35mm×45mm)それと$30があれば会話することはほぼありません。
(2019年10月現在申請用紙と写真は不要であることを現地で確認したため修正)
(2022年6月13日名誉領事館の査証申請料が更新されているのを確認されたため修正)

自信をもってアライバルビザにチャレンジしてください!

なお”e-visaシステム”に関しては検索すると幾つかサイトがヒットしますが、在日本カンボジア王国大使館サイトにて注意喚起されています。
利用の際には十分ご注意ください。

いつでもお気軽にお問い合わせください。050-7128-7659受付時間 9:00-17:00
(土日祝日もOKです)

お問い合わせ メール・LINEでの問い合わせも可能です。

プライベートツアーでアンコール遺跡を巡る

アンコール遺跡を気兼ねなく自由に観光するには、チャーターされたトゥクトゥクなどで公認日本語ガイドが同行するプライベートツアーがオススメです。
宿泊ホテルのコンシェルジュにツアーを手配依頼することは可能ですが、打ち合わせの時間で貴重な時間を費やすことになります。またコンシェルジュが日本語を話せないとまた大変です。
そらまめトラベルはこのような不安を取り除けるようにプライベートツアーを出発前に手配します。ツアー料金もリーズナブルに設定しています。