アンコールワットツアーのテレビCM

”トラピックスのおすすめツアー”で放映

テレビをつけるといきなりシェムリアップ・パブストリートの映像が映し出されびっくり。

旅行番組かと思いましたが、阪急交通社のブランドであるトラピックスのアンコール遺跡観光ツアー(福岡発)のテレビコマーシャルでした。

憧れのラッフルズホテルに2連泊 アンコールワットの休日4日間

ラッフルズグランドホテルダンコールの宿泊と豪華な食事を全面に出し、旅行代金を二人で20万円と分かりやすい旅行代金のに設定されているパッケージツアーです。(旅行代金は早期予約で2,000円の割引あり)

最上級ホテルの宿泊・魅力的な食事・アンコール遺跡の観光とお得感満載です。

テレビCMの効果はさすがです、2020年1月20日現在で多くの出発日がキャンセル待ちとなっています。

注意:旅行代金に含まれない旅行代金

一般的な海外旅行のパッケージツアーでは表示されている旅行代金(この場合、2名で20万円)に含まれない旅行代金があります。

この旅行代金とは、税金・施設利用料・燃料サーチャージなどで旅行代金とは別に支払う必要があるのでご注意ください。パンフレットにはもちろん注意事項としてしっかり記載されているので必ず確認するようにしてください。

このパッケージツアーでは、2019年12月20日現在で一人あたり合計で17,570円となっています。二人で出かけるとなると約3万5千円です。申し込み時に正確な料金が提示されるはずです。

個人ツアーのシミュレーション

このパッケージツアーと同等の内容で個人ツアーができるものでしょうか?

ネットを使える環境があれば日本語で簡単に予約できる時代です。

4月24日(金)出発4月26日(月)帰着で調べてみました。

シェムリアップまでの航空機

福岡からシェムリアップへはベトナム航空を利用してハノイ経由で行くスケジュールになっています。

ベトナム航空のサイトで検索するとキャンセルや変更などが一番厳しい料金クラスの利用で往復48,160円です。

この料金クラスが一番安い料金ですが、搭乗時のサービスには全然影響しませんのでご安心ください。安い料金だから機内食が無いとか、荷物制限が厳しいとかはありません。

ラッフルズグランドホテルダンコールの宿泊

宿泊ホテルは”ラッフルズグランドホテルダンコール”で指定されています。部屋の広さが32m2ですので部屋のタイプはステートルームキングベッドガーデンビューと思われます。

宿泊料金をBooking.comで検索すると、2泊で65,986円です。この料金で2名宿泊できますので約33,000円/人です。

この宿泊料金には2回の朝食が含まれていますし、税金やサービス料も含まれています。しかしシェムリアップ国際空港への送迎サービスを無料で行っているホテルが多いのですが、このホテルは有料のサービスとなっています。往復で20ドルが相場で約2,200円になり、2名乗車可能ですの約1,100円/人です。

空港からホテルまでは空港のエアポートサービスが利用できますし、ホテルから空港まではホテルでトゥクトゥクなどを予約すればいいでしょう。

食事

機内食を除く食事は朝食:2回 昼食:2回 夕食:2回となっていますが、朝食はホテルの宿泊料金に含まれるので、昼食と夕食のみが対象となります。

二日目の夕食はアプサラダンスショーなので46ドルですので約5,000円です。ラッフルズホテルのアプサダダンスショーは他と比べると若干高めの料金設定のよように思います。

二日目の昼食(トラピックス特製フレンチ料理)と三日目の昼食(トラピックス特製フレンチコース)と夕食(ハイティー)は正確な料金が分かりません。ホテルのレストランで3回の食事を取り、それぞれ2,500円とすれば7,500円となります。

合計すると12,500円です。

観光

観光で旅行代金に含まれるのは二日目のアンコール遺跡観光のみです。

最低催行人員が10名ですので、観光バスを利用した団体ツアーとなることが予想されます。

ここでは日本語ガイド+トゥクトゥクチャーターのプライベートツアーを手配であれば約90ドル約10,000円、一人あたり約5,000円です。

アンコール遺跡内のアンコールワット・アンコールトムそれとタプロムへの入場にはアンコールパスという入場券が必要となります。

このアンコールパスの1日券は37ドルなので約4,000円です。

それぞれを合計

航空機・ホテル・食事・観光を合計してみましょう。

個人ツアーの場合

48,160円+33,000円+1,100円+12,500円+9,000円=103,760円

パッケージツアーの場合

98,000円+17,500円=115,500円

差額は11,740円で、個人ツアーの方が安く手配可能と思われます。

2人だと2万円強を節約することができますので、ホテルをアレンジすれば3泊5日のツアーも可能ではないでしょうか。

ツアー利用のメリット・デメリット

料金のみをクローズアップして比較しましたが、パッケージツアーを利用する一般的なメリットとデメリットを考えてみました。

メリット

パッケージツアーを利用する一般的なメリットは

  • 交通・宿泊などの手配が不要 
  • 日程表や予約確認書など準備してもらえる
  • 現地スタッフ
  • 安全情報・注意事項を知らせてもらえる

などが挙げられます。

デメリット

パッケージツアーを利用する一般的なデメリットは

  • 航空機・ホテルが指定または限定されている
  • スケジュールが決まっていて融通が利かない
  • 強制的にお土産屋さんに連れて行かれる場合がある
  • 他のお客さんもいるので待ち時間が長い、時間厳守

などが挙げられます。

カンボジア・シェムリアップは安全・安心な地域で、昼夜問わず危険を感じることはほとんどありません。

見るものを感動させるアンコール遺跡をゆっくり・じっくり観光できるますし、カンボジア料理を中心とした多種多様の食事やお酒を楽しむことができます。

次のような希望があれば個人ツアーにチャレンジされてはどうでしょうか!

  • せっかく行くのだからホテルのグレードを少し落としてでももう1日滞在したい
  • 食事はホテルだけではなく、パブストリート周辺のレストランでカンボジア料理を楽しみたい
  • 自分のペースで遺跡観光をしたい

シェムリアップのホテル・レストランは多種多様

ラッフルズホテルはシンガポールに代表されるように有名で豪華なホテルです。

ラッフルズホテルのような超高級ホテルに拘らなければ一泊15,000円もあれば日本人が十分満足するリラックスできるホテルが多数あります。

レストランは街の中心部のパブストリート周辺にたくさんあります。ホテルのレストランだけで食事を完結させるのはちょっともったいないと思います。

アンコール遺跡の観光はプライベートツアーがオススメ

パッケージツアーではグループ行動となるので、必然的に時間厳守となります。そのため、もう少しじっくり見たい、歩くスピードが早すぎるなど不満が残る場合もあります。

またグループ中に時間にルーズな人がいるとイライラやトラブルのもととなります。

アンコール遺跡観光のオススメは断然プライベートツアーです。

日本語を話す政府公式ガイドとトゥクトゥクまたは自動車をチャータすれば、気兼ねなく自分のペースで観光することが可能となります。

そらまめトラベルをご利用ください

不安を抱えた海外個人旅行初心者をそらまめトラベルは強力にサポートします。

お気軽にお問い合わせください。お待ちしています。

いつでもお気軽にお問い合わせください。050-7128-7659受付時間 9:00-17:00
(土日祭日もOKです)

お問い合わせ メール・LINEでの問い合わせも可能です。

プライベートツアーでアンコール遺跡を巡る

アンコール遺跡を気兼ねなく自由に観光するには、チャーターされたトゥクトゥクなどで公認日本語ガイドが同行するプライベートツアーがオススメです。
宿泊ホテルのコンシェルジュにツアーを手配依頼することは可能ですが、打ち合わせの時間で貴重な時間を費やすことになります。またコンシェルジュが日本語を話せないとまた大変です。
そらまめトラベルはこのような不安を取り除けるようにプライベートツアーを出発前に手配します。ツアー料金もリーズナブルに設定しています。